人は未来に希望を見いだすために占いを信じる

人が占いを信じるのは、未来に希望を見いだすためです。
普段「私は占いを絶対に信じない」などと周囲に堂々と公言している人でも、何かのきっかけで信じるようになることもよくあります。
そのようなきっかけの大半は、自分や自分の身近な人たちが不幸に見舞われることです。仕事や恋愛、夫婦関係などがどうしてもうまくいかない、
子供が突然不登校になった、いじめられるようになった、立て続けに家族や親戚が亡くなったといったことが起きますと、人は神仏に祈りたい、
誰かに道を指し示してもらいたいという気持ちになります。
神仏を拝むようになったり、占いを通じてこれからの人生に希望があるのかどうか知りたくなるものです。

人は人生の中で多くの選択をし、将来の目標や進路を自ら決めていかなければなりません。
落ち着いて理性的に判断ができる状況にあり、自分で進むべき進路を選ぶことができる場合は、占いを信じなくとも事足ります。
しかし、ある日を境に危機的な状況に陥ったとき、人は正常な判断力を失ってしまい、これから自分がどうしていくべきか、
どのような道を歩んでいくべきかということが全くわからなくなってしまうことがあります。

このようなとき人の心と体には多大なストレスがかかってしまい、正常な思考が働かなくなってしまいます。
突然大きな不幸や不運に見舞われたとき、人が占いを信じたり、神仏を信じたくなるのはこのためなのです。
このようなとき人は自分以外の第三者にこれから何をなすべきか、どのようなことを目標に人生を歩んでいくべきか教えて欲しいと強く願うのです。
占いは突然の出来事に平常心を奪われてしまった人に人生でなすべきことを教え、その人がふたたび人生の中に希望を見いだすことを手助けするためにあるといえます。

しかし占いは人の人生を大きく左右してしまう怖さも持っています。
良く当たると評判の占い師に「あなたは一生結婚できない運命にあります」、「運良く結婚できたとしても厄年がめぐってくるたびに大きな不幸に見舞われます」ということを言われれば、占いを頭から信じ込んでしまうタイプの人は「私はやっぱり一生結婚できないんだ」と思い込んでしまうようになり、そのような人生を引き寄せてしまいがちになります。
このように、人の人生を一つのパターンにはめこんでしまおうとする占い師ではなく、占いをする人に寄り添って人生に気づきを与えるように導いてくれる占い師が良い占い師であるといえます。

新しい出会いや、結婚相手を探しているけれどうまくいかない…
そんな悩みを解決するために、占いを役立ててみてはいかがでしょうか?
占い東京では、アナタに相性抜群の相手をお見合い形式でご紹介。
占い東京で末永く付き合えるパートナーと出会えた!と喜びの声もたくさん届いています。